おしゃれで快適な家はリフォームで実現する!


リフォームが家の中を快適にする理由

家をリフォームして快適にしたいけど、もともと散らかっているからどうすればよいかわからないという人は結構います。おしゃれで快適な家とは、余計なものがなく、空間がスッキリしていることです。その一つが家の一部や全体をリフォームして新しく作り直す方法があります。例えば、自宅をリフォームすることで室内のモノを収納しやすくする工夫がいくつかあります。まず壁や床に収納スペースを作ることです。タンスやクローゼットを増設しないことで圧迫感をなくします。

家の中が散らかっていて「リフォームして片付けやすくしたい」という場合、特に家具を増やすリフォームの仕方はおすすめしません。家具(タンスやクローゼット)は、収納アイテムとしては優秀です。しかし、狭い室内に置くことでスペースを圧迫して、物を置ける場所そのものを減らしてしまうからです。そのため、収納を増やして家具を減らすことを目指します。

収納を増やしてタンスを減らす

タンスを置かずに洋服や小物を収納する場合には、タンスの代わりに収納BOXや壁に突っ張り棒をセットして簡易タンスをセットする、リフォームを通して埋め込み型のスペースを用意するなどの代替的な方法をとるのがおすすめです。収納BOXや突っ張り棒は収納が必要がなくなったときに解体して再び部屋のスペースを確保し直すことができます。タンスは重くて持ち運びも大変なうえに、気軽にごみにも出せないため処分にも苦労します。

また、内壁の壁にリフォームで備え付けのタンスを作る場合には注意が必要です。家具は接着させる仕様にすると後で不要になったときに処分することが難しく、再びスペースを確保するためにリフォームが再度必要になるためです。

3000万の家を建てる場合、便利な設備やこだわりの建材が使用できるというメリットがあります。ある程度の自由な間取りや作りが可能です。

Related Posts